現状に困ったら保険相談【人生設計を見直す】

入院時も考慮

社会保険や税制面での控除を理解する

保険見直し際に着目すべき項目の一つとして入院時における給付金がありまう。1日入院することにより保険会社から給付金が支払われますが、まずは入院時にいくら必要なのかを再度考えます。社会保険加入者において考えると、高額療養費制度という制度があります。医療費は自己負担上限額が決まっており、年収等により異なりますが一般取得区分で考えると80,100円と医療費から267,000円を引いた額に対し1%を掛けた値を加算した値となります。保険が適用される医療費が対象となるため、入院時おける食事代や個室を利用することによる差額ベット代などは含まれませんが、食費やなどを考慮しても120,000円?130,000円で1月の入院費が収まることになります。そのため入院するときには必ず個室を使いたいもしくは入院すると生活費そのものの収入が途絶えてしまう場合などを除いた場合であれば保険の入院時における給付金は10,000円もあればある程度余裕がもてるのではないかと思います。そのため保険見直しの一つとして入院時における給付金に着目するとよいでしょう。

重複する保障を見直す

医療保険では入院時の給付金や先進医療における給付金が含まれることが多く見受けられます。そのため医療保険以外の保険の給付内容を見直すことも保険見直しの際には重要です。例えばがん保険について、その保険自体に入院時給付金が付加されていることがあります。医療保険の入院時の給付金はがんの時でも適用されるため、がん保険に入院時給付金が付加されている場合、見直し対象と考えて良いと思います。いまはがんも入院から通院の時代となっているため入院時の給付金に着目するより通院時の給付金やがん診断時における一時給付金を重要視する保険も増えています。また三大疾病時には以後の保険料を免除する保険も出てきています。通常の保険と比べると若干割高となりますが、重大な病気になった場合を想定した時に、保険料の支払いを気にしなくても良いことを考えるとこちらも保険見直しの際に検討しても良い項目と思います。

Copyright (c) 2015 現状に困ったら保険相談【人生設計を見直す】 all reserved.